WFL3 Rel 3.4の公開

| トラックバック(0)
WFLの新バージョンを公開しました.主な変更点は以下のとおりです.
  • WaveField::SaveAsGrayBmp()とWinSaveAsGrayBmp()を新設.これによりピクセルビット数とガンマ補正値を指定してグレイスケールBMPとして保存できます.
  • 位相乱数化用の乱数ジェネレータとしてメルセンヌ・ツイスタ(Mersenne twister)を用いるように変更しました.
  • その他,WaveField::Transpose()関数,WaveField::ReduceByThinning()関数の新設,および様々なバグフィックスを行いました.

→ダウンロード

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.laser.ee.kansai-u.ac.jp/WaveFieldTools/mt/mt-tb.cgi/88

このブログ記事について

このページは、matsuが2015年11月 9日 02:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WaveFront3 Rel3.2.0の公開」です。

次のブログ記事は「WaveFront3 Rel 3.2.1の公開」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。