2014年4月アーカイブ

WaveFront3 Rel 1.0に重大なバグがありましたので,修正版を公開します.

主な変更点(Rel 3.0→Rel 3.0.1)

  • Rel 3.0ではデジタルホログラフィのメニュー項目の「3段階位相シフト/4段階位相シフト/3段階任意位相シフト」がいずれも全く機能していないという重大なバグがありました.このバージョンではこれらのメニューが機能するようになっています.ただし,テストは不十分ですので,テストリポートをお待ちしています.

(→ダウンロードページ)

PSL1のRel1.2をアップロードしました.

Rel1.1からの主な変更点は次の通りです.

  • SurfaceBuilderクラスのスイッチバック法関数AddObjectFieldSb()にexactスイッチを追加しました.
    以前のバージョンでは,AddObjectFieldSb()関数を用いて隠面消去付きで光波計算する際に,フレームバッファに背景物の光波が含まれている場合,背景光波がフレームバッファ全面に広がっているとエッジの部分でエイリアシングが生じていました.本リリースのAddObjectFieldSb()関数では,そのような場合でも,exact=trueとすることでエイリアシングを防ぐことができます(ただし計算時間が長くなります).

(→ダウンロードページ)